大好き!珈琲ガイド-おいしい珈琲は自宅でも飲める!-

メインイメージ

美味しく淹れるコツ

自分で出来る工夫

せっかく珈琲を飲むのであれば、味も香りも風味も良いものを飲みたいと考える人は多いハズです。
珈琲豆の生産地や生産されたエリア、品種や銘柄などの要素は味はもちろん、上記のような項目を
大きく決定づける最大の要因といえるでしょう。
しかし、これらを最大限にまで引き立てるのは「淹れ方」といえるでしょう。


コーヒーを淹れる際に重要視されるポイントはいくつかあります。
どんな状況でも必ず共通していえるのは「水」です。
いくら最高級の豆を使ったとしても、粗悪な水や珈琲の抽出に合わない水を使えば、
最高級の味や風味を楽しむことはできません。


水とひとくちに言っても、いくつかの種類があります。
http://xn--gckgmm7eyd4f9cdq6gb6ib.com/2.htmlに詳しくかいてありますが、
大きくわけると軟水と硬水です。
これは水のやわらかさを示すものであり、一口飲んだだけでも違いがわかります。
日本で飲用されているのは多くが軟水であり、やわらかい口あたりが特徴です。
その一方でヨーロッパなど欧米では硬水が飲用されることが多いと言われています。
硬水は口に含むと噛めるように感じるほどハッキリと口当たりが異なると言われています。


珈琲抽出という側面からみれば、どちらにもメリットがあり、どちらにもデメリットがあります。
最終的には個々人の好みで選択することになるかとは思いますが、
まずは中程度のお水でバランスのとれたコーヒーを楽しむのも一つの手段です。


また、珈琲とひとくちに言っても非常に様々な淹れ方があります。
代表的な例としては下記が挙げられます。

「レギュラーコーヒー」
もっとも一般的な珈琲です。

「エスプレッソ」
イタリアなどで好まれており、風味が濃いのが特徴です。

「カプチーノ」
エスプレッソに牛乳を泡立てたものをのせます。

この他にも、カフェオレ・カフェラテ・ウインナーコーヒーなどの種類があります。

珈琲好きなお父さんには父の日http://xn--u9jv32nhzh.ws/ionno.html
おいしい珈琲を贈ってみてはいかがですか?


どの淹れ方を選ぶかによって、美味しい作り方は異なります。
しかし、すべてに共通して言えるのは「過剰摂取」は禁物ということです。
美味しいと言っても量はほどほどにして珈琲を楽しみましょう。
こちらの青汁の血行促進効果というサイトもオススメですので、ぜひ、ご覧ください。