大好き!珈琲ガイド-おいしい珈琲は自宅でも飲める!-

メインイメージ

さまざまなシチュエーションでの珈琲の役割

珈琲を飲むシチュエーションにはいろいろなものがあります。
飲むだけではなく淹れる時にも言えることです。
自分の部屋で自分のために淹れるのであればインスタントで構わないという人でも、客が来たときぐらいはドリップで淹れようかと考えることがあるでしょう。
幸い最近のインスタントでも十分美味しいものがありますし、それを出して嫌がられることもそれほどはないように感じます。
もし何かしら違うとするなら、淹れる側の気持ちの問題なのかもしれませんが、確かに丁寧に淹れてくれた珈琲の方が客として訪れたシチュエーションの中では有り難みを感じますし、美味しく感じるものがあるのも確かです。
普段は掛かる費用や手間の問題からインスタントで済ませてしまう私も、仕事で客の訪問を受ける時などはできるだけ手間を惜しまず淹れるようにしています。
アパレル関連の仕事には展示会が付き物ですが、それは年2回ほどの大きなイベントといってよく、その時にしか会うことができない遠方からの客人が何人かいます。
そんな時にインスタントでは仮に美味しくてももてなしとして考えた場合、何とも味気無いと思ってしまうので、珈琲メーカーでエスプレッソやカプチーノ、時にはネルドリップでじっくりおとすようにするのです。
人生に一度の結婚披露宴のときにも同じことが言えるでしょう。
若い頃専門店でアルバイトした経験があり少しは知識があるとはいえ、基本的には素人レベルを大きく超えるものではありません。
しかし客に少しでも寛いでほしいと思う気持ちを行動に移すと、自然にこういった形になるものです。
好きでない方に無理に飲ませることはしませんが、好きな方ならせめて凡庸な喫茶店よりは美味しく飲んでほしいと思うのです。
ネルドリップの場合はできるだけ自分の取って置きのお店で豆を調達し、その日に美味しく頂けるように準備しておきます。
こういうことはけして押し付けがましくすることが目的ではありませんので、いちいち蘊蓄を開かすのは野暮ですが、ゆっくりもてなす時間が作ってくれる間合いもまた、接客の材料のひとつになるように感カます。
その場で見てほしいのはあくまで展示会の内容に過ぎません。
それを演出するための道具として、珈琲の役割は思いのほか大きいものなのです。

日頃メガネやコンタクトをつけている方、最近注目されているレーシックを検討している方も多くいるのではないでしょうか?
レーシックについてhttp://xn--pckp0b6k2c9843c8q8a.com/rank.htmlに詳しくかいてありますのでご覧ください。
よく調べてから手術に挑むことをおすすめしますので、まずは珈琲でも飲みながらゆっくり探してみてください。