大好き!珈琲ガイド-おいしい珈琲は自宅でも飲める!-

メインイメージ

大好きな珈琲の今後のゆくえとは

私は珈琲が大好きで、その独特の何ともいえないいい香りをかぐと、心から幸せだなあと感じて気持ちが癒やされます。
最近嬉しいことに、コンビニで気軽においしい本格的な珈琲が飲めるようになりました。
これは本当にありがたいことで、これまでに何度か利用させてもらいましたが、ボタンを押すと豆からひいてくれ、あっという間に本格的な珈琲が出てくるので驚きました。
それが1杯たったの100円なのですから、ついつい気軽に頼んでしまいます。
ちょっと仕事で疲れている時や眠い時など、立ち寄ったコンビニであのかぐわしい香りをかぐと、思わず注文してしまいます。
私と同じような人はたくさんいるようで、最近ではコンビニの駐車場や出口付近で、缶入りではなくプラスチックカップに入ったその本格的珈琲を飲んでいる人をよく見かけるようになりました。
本格的なものとインスタントのものでは味も香りも全く違うことは分かっていても、これまではなかなかゆっくり喫茶店で珈琲を飲む時間もお金もありませんでしたが、コンビニで飲むのは新しいスタイルで、今後もどんどん定着しそうだと感じます。
また、実際に昔ながらの本格的なものを出すお店はどんどん減ってきています。
最近はやりの抹茶やシナモン、ココア風味などのアレンジ珈琲は、それはそれで別の飲み物としてはいいと思うのですが、私が求める癒やしの飲料とはかけ離れたものです。
昔ながらの喫茶店で素敵なカップをながめながらゆっくり香りと味を楽しむとその時間と空間が、私には何とも言えない貴重なものだったのですが、今ではそのようなお店が本当になくなりました。
町中でちょっと休憩しようと思っても、見かけるのはアレンジ飲料を出すはやりのチェーン店ばかりで、私が入りたいと思うようなお店は本当に探すのが難しいです。
しかし、先日テレビで名古屋発の珈琲専門喫茶店の大型チェーン店がどんどん伸びてきているというニュースを見ました。
これからは、コンビニで気軽に飲むか、本格的なお店でゆっくり飲むか、その二極化が進んでいくと思います。