大好き!珈琲ガイド-おいしい珈琲は自宅でも飲める!-

メインイメージ

日常生活にかかせない珈琲について

子供の頃にはインスタントコーヒーを牛乳に溶かして、更にお砂糖を加えて甘くしたコーヒーしか飲めませんでした。
大学生になって、はじめて喫茶店にいき、珈琲を注文したときのことは忘れられません。
大学生になったことで大人気分であったことと、サークルの仲間が珈琲を注文したので勢いでということもありました。
苦くて、まずくて、我慢して飲んだ記憶があります。
その後、特に頑張って飲めるようになったということではなく、いつしか珈琲好きになっていました。
学生時代に時間つぶしで友人と喫茶店で過ごす時間が多かったので、自然と珈琲が身近な存在になっていました。
学生時代には珈琲は喫茶店で飲むもので、家庭ではインスタントコーヒーしか飲んでいませんでしたが、いつしか家庭にもコーヒーメーカーがあるようになりました。
初代コーヒーメーカーは豆を入れてセットしておくと、自動でドリップされコーヒーがはいり便利でした。
その後ミルの作業が別になったコーヒーメーカーになり現在はそのコーヒーメーカーを使用しています。
主人の父はコーヒー好きなので、豆を手で挽くミルを持っていました。
面白がって帰省した際は使っていましたが、香りはとてもいいものの、腕が疲れてとても大変でした。
最近は一杯づつカップにのせてドリップするだけのコーヒーもよく見かけるようになってきました。
コーヒーメーカーは使用後に洗うのが面倒なので、後始末が簡単で便利です。
コーヒー専門店も増えてスーパーマーケット・ショッピングセンター・駅などの身近の場所には必ず見かけるようになりました。
スーパーマーケット内にあるコーヒーショップには一週間に最低1回は必ずいきます。
母との会話を楽しんだり、美味しいコーヒーと一緒に軽食をとったり、3時のおやつに主人とケーキとコーヒーのセットを楽しんだりしています。
いつしか珈琲ショップに行くことがレジャーになっています。
以前は飲みすぎると身体に良くないと言われていましたが、最近は健康にも良いものといわれるようになっています。
安心して珈琲を楽しんでいます。
デスクワークのお供に珈琲を飲む方は多いと思います。
珈琲は健康に良いということなので問題ないですが、デスクワークの方に是非セサミンという成分を摂っていただきたいです。
セサミンについてはhttp://xn--u9jwhra9lzdx17uot4a.com/sesamin_desk.htmlにかいてありますが、とにかく嬉しい効果が期待できる成分です。