大好き!珈琲ガイド-おいしい珈琲は自宅でも飲める!-

メインイメージ

おいしいキリマンジャロロ琲の楽しみ方

珈琲には様々な銘柄があり、かなり多くの飲み方が存在しています。
有名なものではキリマンジャロのような豆も有名ですが、同じアフリカでもケニア、タンザニアなどの種類があり、大陸が変わればコロンビア、ブラジル、マンデリン、マウイ・モカ、ハワイコナなどの銘柄がありかなりこれらを楽しむのは大変です。
多くの人に知られているキリマンジャロの豆はアフリカはタンザニアのキリマンジャロ山で生産されたものです。
私が飲んだ事のあるキリマンジャロの豆はとても苦味が強く香りも良いものでマイルドなおいしさがとても印象的でした。
この時飲んだ豆のローストはフレンチローストで少し濃いめの焙煎でしたが、かなりマイルドな味わいになりました。
淹れたのは自分自身でしたがかなり満足できる味わいになって良かったです。
キリマンジャロは中細引きで飲む方がおいしいとお店の人に聞いていたので実際にもそのようにしてみました。
キリマンジャロ珈琲はものによってはかなり高価なものになりますので、とても興味深い味になります。
お店で売っているものはとくにおいしく飲めるように焙煎してくれているので専門店でしっかりとアドバイスを聞くと良いでしょう。
私がこの珈琲を飲む時には、必ずマグカップで飲むようにしています。
その方がマイルドで飲みやすい珈琲がたくさん飲めるので満足できます。
またドリップする時にはペーパードリップかネルドリップで入れるようにしています。
そうする事でよりおいしい珈琲として抽出する事ができ、かなり私の好みでもあります。
こういった珈琲は様々な飲み方をした方がよりおいしいので方にはまらず自由に楽しむようにすると良いでしょう。
ミルクを混ぜながら飲むのもかなりおいしいですし、お砂糖を入れるのもかなり良いです。
ミルクコーヒーの素材としてもかなり良いものです。
ミルクの甘さにも負けずにお砂糖でもなかなか香りが消えないので特に良いでしょう。
他にも様々な楽しみ方を自身で試してみると良いでしょう。