大好き!珈琲ガイド-おいしい珈琲は自宅でも飲める!-

メインイメージ

カフェインに注目

今、大注目の成分【カフェイン】

珈琲を眠気覚ましに用いることがありますが、これはコーヒーに含まれている
【カフェイン】という成分によるものなのです。
具体的な働きとしては、脂肪を燃焼させるダイエット効果や眠気覚ましが代表的です。
では、この成分は具体的にどんなものなのでしょうか?


この成分はコーヒーの主成分のひとつです。
「アルカロイド」の一種であり、特にプリン環を有するプリンアルカロイドとして分類されます。
珈琲にしか含まれないというわけではなく、主に飲料に含まれることが多いです。
例えば、下記のような飲料が挙げられます。
緑茶・紅茶・ウーロン茶・栄養ドリンク・コーラ・チョコレート
カフェイン剤として強心作用を期待することもあり、医薬品としても使用されています。
眠気覚ましに代表されるように「興奮作用」を発揮することがありますが、
これはお茶などに含まれているタンニンという成分と結合すると抑制されると言われています。


その発見は1800年代前半と言われており、比較的最近発見された成分といえます。
成分を取り出す材料となったのがコーヒーであったことが名前の由来だと考えられます。


このように高い有用性を誇る成分ではありますが、副作用には十分に気をつけなくてはいけません。
基本的に過剰摂取をしない限りは健康被害を受けることはありませんが、
脳神経系に作用する成分であることには変わりないので、しっかりと自己管理しましょう。
まず挙げられるのは「利尿作用」です。
それゆえに、水分補給の効果はあまり得られないと考えられます。
また、頭痛を鎮静するという作用があるため、有効に活用できるのですが、
その反面、常に服用していると頭痛がおこしやすい体質になってしまう可能性があります。
骨を弱くするという副作用や、血圧を上昇させる働きがあることも頭に入れておきましょう。


妊娠中の方や薬を服用している方をはじめ、服用を控えた方が良い方もいます。
もし、少しでも体調に不安がある方は医師に相談してみるようにしましょう。
特に薬を服用する際に、コーヒーで飲むのは控えた方がいいでしょう。


カフェインを除去した珈琲も登場していますから、そちらを飲用するという手もあります。
これはデカフェと言われることもあり、ヨーロッパを中心に人気のある珈琲です。

こちらの青汁のダイエット効果もオススメサイトですので、ご紹介させていただきます。