大好き!珈琲ガイド-おいしい珈琲は自宅でも飲める!-

メインイメージ

インスタント珈琲の上手な選び方

インスタント珈琲とは、コーヒー豆から抽出した液を乾燥させて粉末状にした加工食品です。
日本では、1950年代から輸入が始まりました。
手軽に美味しい本格的なコーヒーを飲むことができるため、一般家庭に広く普及いたしました。
その製造方法は、スプレードライ方式とフリーズドライ方式に大別されます。
前者は、高温で乾燥させた筒の中に、コーヒー液を噴射させ乾燥させる方法です。
この方法で作られたものは、非常に微粉状であるため、水でも溶けやすいという性質を持ちます。
後者は、マイナス40度以下で凍結させたコーヒー液を砕き、真空状態で水分を蒸発させる方法です。
砕いた段階での大きさで製造されるため、粗い粒状の製品になります。
手間のかかる行程が多いため価格も高くなりますが、風味を保ったまま粉末化できる製法でもあります。
現在、数多くのコーヒーメーカーがありますが、それぞれがこれらの方法を用いて製造販売しております。
企業の開発研究も進み、インスタント珈琲だけでも商品数は数多くあげられます。
酸味や苦味、コクの深いものから飲みやすいタイプなど多様です。
その多くは、使用する豆の種類に合わせて販売されておりますので、その特徴から好きな香りやコク、酸味の強さを比較できます。
製品によっては、それらの強弱が一目でわかる様に記載されているものもありますので、それらを参考にしながら、自分の好きなコーヒーを選ぶことができます。
自宅で気軽に美味しく飲めるインスタントコーヒーですが、あらかじめ容器を温め、それに適量の珈琲を入れ、熱いお湯を適量注ぐことで、さらに美味しく飲むことができます。
インスタント珈琲は、忙しい朝などにはとても有難い商品です。
また、主婦の方のリラックスタイムに1人分だけ淹れたいという時にも対応できます。
いくつかの種類を取り揃え、一緒に頂くお菓子やその日の気分に合わせて香やコクをそれぞれに楽しんでみることもおすすめです。