大好き!珈琲ガイド-おいしい珈琲は自宅でも飲める!-

メインイメージ

果たして、珈琲で眠気が取れるのか

珈琲を飲むと眠気が取れると言うことを聞きます。
カフェインを取ると眠気が無くなる話を聞いたことあることかと思います。
でも実際に珈琲を飲んで眠気が無くなったと感じますか。
特定の方は効果が無いと言う方がいます。
それはカフェインの量の問題です。
個人差にもよりますが、1杯のコーヒーで眠くならなくなったと言う方もいれば何杯のんでも眠たいと言う方がいます。
コーヒーを日頃多く飲んでいる方は、1杯のコーヒーでは眠気が取れないかと思います。
身体がそのようになってしまっているからです。
言わば珈琲慣れしていると言うことです。
大量に摂取してようやく効いてきたと言う方も入る事かと思います。
だからと言って濃いコーヒーを飲むと胃に負担がかかります。
程々の摂取が良い事かと思います。
また何杯も飲める物でもありません。
珈琲慣れしている方は、コーヒーを飲んでも効果は出ません。
また反対にあまりコーヒーを飲まないと言う方が眠たいときに飲むと効果を発揮します。
特に受験などで夜中勉強しているお子様に暖かいカフェオレなどを飲ませてあげると眠気が取れると言う話を聞いたことがあります。
そのように昔から言っている眠たくなったら、コーヒーと言う話の結論は、コーヒー慣れていると不可能と言うことです。
最近はノンカフェインのコーヒーなどがあります。
カフェイン無しなので、コーヒーの苦味が抑えられてコーヒーが苦手な方にも飲みやすくなっています。
同じコーヒーですが、このノンカフェインコーヒーでの眠気効果は全くありません。
そのような商品も出ています。
また缶コーヒーも多くありますが、ほとんどの缶コーヒーがカフェインが入っています。
車をドライブしている中に飲んでいると効果は出ます。
でもコーヒー慣れしている方は効果は出ないかもしれません。
このように成分によってこのようなに眠気を覚めさす効果を持っているコーヒー。
もし眠たくなったら、まずは、コーヒーで休息してみてはいかがでしょうか。