大好き!珈琲ガイド-おいしい珈琲は自宅でも飲める!-

メインイメージ

珈琲は朝を贅沢に過ごすための必需品

私は毎日5時台に起きています。
といっても、仕事に行くのは7時過ぎだし、お化粧をばっちりするというわけでもないので、かなり時間には余裕があります。
しかし、この余裕がある朝というのが、なにより贅沢で素敵な時間です。
夫も子供も6時くらいまでは起きてこないので、少なくとも30分以上は一人でのんびりと時間を過ごせます。
この時間の過ごし方として決めていることは「自分のために時間を使う」ことです。
家族の食事の準備などは、6時を過ぎてから。
よほど仕事が終わっていないということがない限りは、仕事関係のことも考えません。
この時間には、日記を書いたり、ちょっと丁寧に肌の手入れをしたり、新聞を読んだりして過ごしています。
そして、この時間の必需品ともいえるのが珈琲です。
インスタントのことも、挽いた豆からドリップすることも、カフェオレにすることもありますが、これがないと朝の時間の楽しみが半減するというほど、大好きです。
珈琲の良さは、やはりあの独特の香ばしい香りです。
朝にあの香りをかぐと、ゆったりとリラックスできます。
ちょっとの苦みは目を覚ますのに最適だし、寒い朝にはミルクと砂糖を入れて飲むと体が温まります。
のんびりと過ごしたい朝の時間には最適のアイテムなのです。
夫も、朝起きてきたら、まず私が淹れた珈琲を飲んでいます。
このちょっとしたカフェタイムがあるだけで、朝のばたばたした時間が一気に贅沢なものになるから不思議です。
とくに、奮発していい豆を使った時などは、部屋の中いっぱいに広がる珈琲の香りのおかげで、気持ちよく出勤の時間までを過ごすことができます。
ちなみに我が家では夜にも珈琲で1日を終えることが多いです。
私も夫も、何を飲んでもすぐに寝ることができる体質なので、寝る前でも構わず飲むことができるのです。
飲み物があると自然と、のんびりと会話しながら時間を過ごせるので、今では大切な習慣です。
一日の始まりと終わりに、珈琲はなくてはならないものです。

珈琲はおいしいし健康に良いと言われているしでメリットがたくさんありますが、
一つだけ欠点があります。
それは歯に色素沈着してしまうことです。一日に何杯も飲む方は特に注意です。
歯磨きを丁寧に1本ずつ行わないと色がついてしまうそうです。
入れ歯やインプラントhttp://xn--eckvdxb1d3bc2433joosb.tv/01.htmlの方は、本来の歯の方よりお手入れが大変になりますが、いつまでも綺麗な歯でいるために念入りな歯磨きなどケアを行いましょう。