大好き!珈琲ガイド-おいしい珈琲は自宅でも飲める!-

メインイメージ

おいしいアメリカン珈琲の淹れ方

私は苦味が強い珈琲よりもアメリカンコーヒーのような少し薄味の珈琲が好きでよく自分で入れて飲むことが多いです。
この時にしている淹れ方は、非常にシンプルで誰にでも出来る淹れ方なのですが、少し工夫をするだけでもっとおいしいアメリカンコーヒーになるので是非試してみてもらいたいです。
私がアメリカンコーヒーを淹れる時には専用の豆を買うのではなく、フレンチロースト程度の豆1杯分で2杯分のコーヒーを抽出するようにしています。
そうするとちょうど良くコーヒーが薄まって抽出されてよりアメリカンとしての味わいが楽しめるようになります。
この淹れ方ではただ薄めているのではなく、コーヒーの抽出液で薄めつつ出していくのでそのコーヒーの全てを出しきって味わうことになります。
そのため、普段は流しに捨ててしまうような部分のおいしさも出てきて全体的にコーヒーを楽しむことができるのです。
特にコーヒーとしては少し薄味なので、ちょっとした味の違いも簡単に判断できるため、苦味の種類や酸味の出方も簡単に判断できこうした淹れ方は、私にとってはかなり自信のある淹れ方です。
また少ない豆でも多めにコーヒーを飲むこともできるので少し経済的でお得です。
これはケチをしているのではなくおいしく入れる一つの手法として知っておいても良いでしょう。
私はこの淹れ方で出したコーヒーを気持ちをすっきりさせたい時に限って得に大量に飲むようにしています。
あまり味が濃くないので水のようにグビグビ飲むことができます。
そのため、のどが渇いている時でもどんどん飲むことができ、おいしいコーヒーをより楽しんで味わう事もできます。
またアメリカンコーヒーはアイスコーヒーにして飲むのもとてもおいしくて良いでしょう。
味だけではなくその柔らかい口当たりもコーヒーのおいしい所ですので、しっかりと細部まで味わって飲むようにすることでより楽しい珈琲ライフを送ることができるでしょう。