大好き!珈琲ガイド-おいしい珈琲は自宅でも飲める!-

メインイメージ

個人的においしい珈琲のいれ方の工夫

【ペーパードリップ】 紙のフィルターを用いて入れるのがペーパードリップです。
この珈琲のいれ方は様々な入れ方の基本になる入れ方で、とても重要です。
熱めのお湯で蒸らしを30秒ほど長めに行ってから回しながらお湯を注いでいきます。
これを続けてサーバーの半分くらいまでは抽出して飲むようにしています。
少し味が薄く感じることもありますが、薄めの珈琲もかなり好きなので結構満足して飲んでいます。
おいしい味になることが多く、飲みやすくていつもの自分の珈琲になっています。
【ネルドリップ】 布のフィルターを使って入れるのがネルドリップで、かなりまろやかで優しい味になります。
苦めの焙煎になっていそうな時はこのネルドリップで抽出するとよりおいしくできます。
この淹れ方でも基本はペーパードリップと同じ淹れ方で、入れられる量が少ないので少し残念な感じがします。
通常は専用のサーバーに注ぐのですが、多めに入るサーバーに直接注ぐこともあります。
こうすればかなり大量に抽出できるのでたくさん飲みたい時にはこの方法で抽出しています。
【アイスコーヒー】 ある程度時間がある時は水でじっくりと抽出して飲むようにしています。
珈琲の粉を水につけておくことでよりまろやかでおいしいコーヒーを入れることができます。
抽出の時にはかなり手間が省けるので楽に飲むことができます。
夏等には完全に氷で冷やして入れることもできグビグビ飲むこともできてかなりおいしいです。
あまり時間をかけられない時には、お湯で抽出した後に氷で思いっきり冷やして飲むこともできます。
様々な入れ方があるコーヒーですが、私はかなり様々な飲み方を試しています。
その時の気分によって飲みたい淹れ方を自由にして、好きに飲むようにしています。
仕事中に飲むことが多いのでできるだけ時間をかけないようにオて入れられるようにしています。
たまには手間をかけて飲みたくもなりますが、やはりベターな入れ方が一番おいしく楽しく飲めます。