大好き!珈琲ガイド-おいしい珈琲は自宅でも飲める!-

メインイメージ

豊富な豆の種類

豆の種類で味や香りが変わる?

近年では珈琲に高い健康効果が期待されています。
抗がん剤の効果を高める作用があることなどから医療への利用も進められています。
また、眠気覚ましとしても有用性が高く、一般にも広く利用されています。
主な成分として挙げられるカフェインやクロロゲン酸は脂肪を分解・燃焼する働きがあることから
ダイエットに役立つと考えられています。
飲むだけで痩せるということから、多くの人がダイエットに活用しているようです。
また、健康食品でよくある「マズイ」という事がないのも大きなメリットでしょう。
日々の生活のなかで何の違和感もなく飲むことができるので珈琲ダイエットは高い評価を受けています。


とはいえ、やはりコーヒーの本質は嗜好品という点にあるといえるでしょう。
豊かな香りやコク、味などを楽しみながら、生活のなかでリラックスできる時間を演出します。
そんな優雅な時間を過ごすことができることも、珈琲が飲み続けられている要因かもしれません。
そして、実は珈琲の味や香りや風味は【豆の種類】によって異なるとされています。
実際に産地や豆の種類が違うだけで酸味や苦味が大きく異なるのが簡単にわかります。
専門店に行くと、ブラジル産のものやエチオピア産のもの等がブレンドされない状態で販売されています。
一度、そのままブレンドされていないものを飲み比べてみるのも面白いでしょう。
味や香りの違いをはっきりと感じることが出来るはずです。


現在、世界中にある珈琲豆の種類を合計すると約200種類以上にも及ぶことになります。
それらの豆も大きく三つに分けることが可能で、それぞれに呼び方があります。
【アラビカ種】・【ロブスタ種】・【リベリカ種】この三つが代表的です。
それぞれに特徴があり、例えばアラビカはまろやかな味と酸味が大きな魅力です。
それに対してロブスタは渋みと苦味が特徴的と言われることが多いとされます。
各々に原産国があるということも覚えておくといいでしょう。
アラビカ種なら原産はエチオピアで、生産量は全体の8割を占めています。

もし、コーヒーを本格的に味わいたいと考えているなら、
珈琲豆から選んでみるのも一つの手段です。
生活の小さな楽しみに美味しいコーヒーを淹れてみてはいかがでしょうか?

私たち人間の健康に良いと言われている珈琲ですが、愛猫や愛犬には与えないようにしましょう。
猫に与えてはいけないものがhttp://xn--nck1bpe3d4d0i3847bdgyc.com/origin.htmlに、
犬に与えてはいけないものがhttp://xn--qckubrc3d4m353s86xf.biz/04.htmlかいてあります。
どうやらチョコレートや珈琲に含まれているカフェインが危険なようです。