大好き!珈琲ガイド-おいしい珈琲は自宅でも飲める!-

メインイメージ

珈琲に求めるものは香か味か安らぎか

珈琲を最初にローストしたのは山火事だそうですが、あの独特の香りは他のお茶にはないものでしょう。
私はお茶の類は何でも好きですが、殊に珈琲には目がありません。
思い返してみても、いつからブラック一辺倒になったのかわからないのですが、豆にこだわって飲むようになったのは最近です。
その昔、知人から深煎りで香りの比較的強い珈琲を買っていた頃には考えてもいなかったのですが、その頃は原産地が3カ所ブレンドされていたようなのです。
自分で購入するようになって市販品が2カ所しかブレンドされていないことに気付きました。
それでも、香りはローストで決まるものと思い込んでいましたし、ブレンドが大きく作用するとは考えていませんでした。
ですが、例えば産地も「コロンビア」「ガテマラ」「エチオピア」「ブラジル」「タンザニア」数え上げればきりが無く、日本のお米が同じコシヒカリでも産地で違うように、珈琲をも産地で全く別の表情をみせると分かり、自分好みのブレンドを求めて「ブラジル」をベースに混ぜ合わせてドリップするようになりました。
基本的に、女性はローストの浅いモカ系の、香り重視であっさりとしたものを好む傾向にあるようですが、反面エスプレッソのような深く濃い味わいのあるものも好まれているようで、個人的にはエスプレッソ推奨派です。
最近、大手珈琲ショップはヘルシー志向の強まりから、ノンカフェインであったり、低脂肪ラテであったり、女性に優しいメニューが目白押しです。
ブラック嗜好の私もソイラテは好きで、疲労やストレスの溜まっているときにはあえて注文したりします。
普段、その香りと味から癒しを得ていますが、ラテのまろやかさにはそれとは違ったほんのりした癒しの効果があるようです。
普段からミルクと砂糖大目、という方には当てはまらないかもしれませんが。
美味しい珈琲といっても、個人の感じ方で色々な選択肢があるでしょう。
自分にぴったりの味わいを追求してみるのも面白いのではないでしょうか。