大好き!珈琲ガイド-おいしい珈琲は自宅でも飲める!-

メインイメージ

珈琲はの香りはリラックス効果が高く、人にも優しくなれる効果がある

街中を歩いている時、ふと入った喫茶店に漂う珈琲の香り、この香りに癒しを感じる方も多いと思いますが、この珈琲の香りは脳医学てきな研究からリラックス効果が高いと言われています。
人間の五感の中で嗅覚は脳の奥まで直接届く事から、香りが及ぼす脳への影響力は極めて高いことが最近の研究で明らかになってきました。
その中でも珈琲の香りに関してはリラックス効果が高い事も実証されています。
だから私たちが喫茶店に入った時に感じる「良い香り」とホッとするのは、脳がそのように反応している証拠だともいえます。
ある実験に基づくデーターとして、このような話を聞いたことがあります。
それは「人は珈琲の香りを嗅ぐと、周囲に優しくなれる」というものです。
これはどのような実験だったかと言えば、モノを落とした時に拾ってくれる確率にて実験したもので、普通に道でモノを落とした時と比べ、喫茶店などの前で珈琲の香りが漂う場所でモノを落とした時の方が拾ってくれ教えてくれる確率が高かったというものです。
だから香りの作用によって人に優しくなれると言う一つの判断がなされたと言います。
ところで、この香りにはどのような効果が働いているのかと言えば、人は睡眠不足や疲労しているときに脳細胞が減少すると言われていますが、この香りを嗅ぐことによってその減少する細胞を呼び戻す事が出来ているというのです。
確かに徹夜して試験勉強をしてる時、仕事で疲れて残業してる時、ストレスがたまってイライラしてる時など珈琲を飲むとホッとリラックスする事が多々ありますし、そのような時は無意識に飲んだりしています。
それは心のどこかで癒しを求めて行動しているのかもしれません。
飲むことによる成分で癒しを感じる部分もあるかもしれませんが、実はその香りで癒しを感じていたのです。
そう考えると部屋のアロマなども、この珈琲の香りなどにしてみると効果が出るかもしれません。
一度ぜひ試してみたいものです。