大好き!珈琲ガイド-おいしい珈琲は自宅でも飲める!-

メインイメージ

妊娠中・授乳中ならたんぽぽコーヒー

公式サイトへ

コーヒーに含まれている成分のうち、最も有名なのがカフェイン。
カフェインはアルカロイドの一種であり、過剰に摂取してしまった場合は身体に悪影響を与えると言われています。

確かにこれは事実ですが、通常の人の場合は一日に何十杯もコーヒーを飲んでしまうと過剰摂取になり、不眠、めまいなどの悪影響が生じる可能性があります。
とは言え、もちろん数十杯も飲まなければ大丈夫な訳です。

しかし、ちょっと例外があります。
それが、この項で紹介する妊娠中・授乳中の場合です。
妊娠していたり、授乳している場合はカフェインの摂取を控えるようにしましょう。

なんで駄目なの?

授乳中・妊娠中はカフェインを代謝する酵素の働きが弱くなります。
その為、身体の中でカフェインが蓄積されやすくなってしまうのです。
そして、この状態は分娩後1ヶ月まで続きます。

ずばり、その間はコーヒーを飲まない方が良いでしょう。
母体への悪影響が考えられます。

また、悪影響は母体だけでなく赤ちゃんにも及びます。
なぜなら、カフェインは胎盤通過性なので母体から胎児にも移行するのです。
もちろん胎児は代謝酵素が不十分ですから、身体にカフェインが蓄積されてしまいます。

これらの理由から、妊娠中や授乳中はカフェインを摂らない方が良いのです。

けど・・・コーヒーが飲みたい!

妊娠中・授乳中でもコーヒー党の中には、我慢できないという方もいらっしゃるでしょう。
そんな方におすすめするのが、たんぽぽコーヒーです。
たんぽぽコーヒーは、文字通りタンポポから出来ているのが特徴です。
カフェインが一切含まれていない「ノンカフェイン」なので、授乳中や妊娠中でも問題なく飲むことができますよ!

たんぽぽコーヒーってなに?

たんぽぽコーヒーの素材はたんぽぽの根っこ。
その為、厳密に言えば珈琲とは全く異なる飲み物です。
しかし、味は珈琲にそっくり!
なおかつ、カフェインが一切含まれていないので安心して飲むことができるという訳ですね。

味は本物の珈琲よりも苦味が少なくなった感じで、砂糖を入れなくても甘みが少し感じられます。
妊娠中のプレママ・授乳中のママはもちろん、ダイエット中だけど甘いものが飲みたいという方にもおすすめ!
さらに、珈琲を飲んでみたい!というお子様にもぴったりかも?
もちろん寝る前に飲んでも大丈夫です。

おすすめはこの商品!

おすすめのたんぽぽコーヒーは「ぽぽたん」というアイテム!
通常購入なら1344円で一杯あたり40円で飲むことができるので、かなりリーズナブルです。
定期購入にすれば、1209円ですから、さらにお安くなりますよ!

しかも、こちらのページから購入すれば送料が無料になります。
また、30日間の返金・返品保証もあります。
万が一、身体に合わないという場合は返品できるので「まずは試してみる」ということも可能ですね。

ちなみに、品質管理についても非常に優秀です。
素材は中国・河北省の野山に自生するたんぽぽの根。

乾燥させてから加工されます。
加工は日本国内で厳格な管理のもとに行われており、素材の安全性は輸入する際に厳密にチェックされています。
素材は細かく粉砕された後、焙煎してコーヒーのような風味と色に仕上げます。
品質管理が徹底されているので、安心・安全というのが「ぽぽたん」のメリットです。